バーチャル展示会トップへ

日本木工機械展 Mokkiten Japan 2021

ブース紹介

当社は2011年から、持続可能な社会への貢献を目指して「KANEFUSA For Sustainability」を開発テーマに掲げ、「消費電力の低減」、「低騒音切削」、「レアメタルの有効活用」、「歩留り向上等」、SDGsの理念と、その目標達成に向けた具体な取り組みを行っています。 木材産業用切削工具の開発では、環境への配慮と同時に、ユーザーの利点にもなる製品特性を具体的に提示し「SDGs」への取組みを行っています。

新製品

高い切削品質と耐久性を実現する新製品をラインアップしました。

このコーナーで展示した製品

ダイヤ コスモビットff ”強リードタイプ”

「紙・メラミン貼りボード」、「クロス合板」、「ドア材の金具・蝶番溝」のルーター加工用のダイヤモンドビット。強リード刃の採用により、紙・オレフィンなどの軟らかい表面貼りのボード類やドア材、またクロス合板等の繊維質の材料にもバリの発生が少なく、材料表面をきれいに切削することができます。

スーパーボードプロⅢ ”TDMタイプ”

パネルソー、ランニングソー、テノーナによる、特にメラミン部分に高い切削品質 を要望されるお客様向けのフィニッシュカット用チップソー。新しい 刃型を採用することで、 メラミン終端部の欠けを 80 %以上抑制することができます。

MOLD PROⅡ(モールプロⅡ)

自動車用ステンレスモールの他、肉厚1mm以下の薄肉鋼板、鋼管、ステンレス材やその複合材の切断に適したチップソー。高靭性チップの採用によりチップの耐欠損性を向上させ、薄肉材切断時の振動によるチッピングを抑制することで、従来仕様と比較して20%以上の長寿命化が可能です。