バーチャル展示会トップへ

日本木工機械展 Mokkiten Japan 2021

ブース紹介

当社は2011年から、持続可能な社会への貢献を目指して「KANEFUSA For Sustainability」を開発テーマに掲げ、「消費電力の低減」、「低騒音切削」、「レアメタルの有効活用」、「歩留り向上等」、SDGsの理念と、その目標達成に向けた具体な取り組みを行っています。 木材産業用切削工具の開発では、環境への配慮と同時に、ユーザーの利点にもなる製品特性を具体的に提示し「SDGs」への取組みを行っています。

樹脂材料【穴あけ・成形・切断】

当社の豊富な樹脂用切削工具は、高精度、高品質な切削面を得るため高精度な刃付けを行っています。また、保護フィルムの同時切削や切削面の透明度の向上など後工程の低減による生産性の向上にも貢献します。

このコーナーで展示した製品

アクリルエンドミル TypeⅠ

高精度な刃付けを施すことにより、樹脂材料の切削面を高い透明度で仕上げることが可能になりました。特に透明度を重視する仕上げ加工に適しています。

アクリルエンドミル TypeⅡ

粗加工から仕上げ、保護シート付樹脂材料の加工までオールマイティに行うことができます。

アクリルエンドミル TypeⅢ

正逆両リードの刃型によって上下両面の保護シートを美麗に仕上げ、同時切削できます。

アクリルドリル

表面の保護シートを同時切削する時に生じる樹脂材料と保護シートの溶着や巻きつきを抑制することができます。

アクリルエンドミル 底面仕上タイプ・ボールエンドタイプ

底面タイプ・・・底面を仕上げることができます。
ボールエンドタイプ・・・各種樹脂材料の三次元加工において、R溝の底面を仕上げることができます。

PCD アクリルエンドミル

ダイヤモンドチップを採用することで耐久性が向上します。

MCD アクリルエンドミル

単結晶ダイヤモンドを刃先に採用しました。IT 関連の部品に必要とされる透明度の高い鏡面加工が可能です。

チップソー PN

薄肉のプラスチック(アクリルなど)の切断に適したチップソーです。

ヘリカルエンシンブロック

切削抵抗を低減し、切削面の平滑度を向上するため、替刃をヘリカル状に配置しました。樹脂の平削り加工において美麗な切削面を得ることができます。