バーチャル展示会トップへ

日本木工機械展 Mokkiten Japan 2021

ブース紹介

当社は2011年から、持続可能な社会への貢献を目指して「KANEFUSA For Sustainability」を開発テーマに掲げ、「消費電力の低減」、「低騒音切削」、「レアメタルの有効活用」、「歩留り向上等」、SDGsの理念と、その目標達成に向けた具体な取り組みを行っています。 木材産業用切削工具の開発では、環境への配慮と同時に、ユーザーの利点にもなる製品特性を具体的に提示し「SDGs」への取組みを行っています。

ドア・階段・フローリング【部材加工】

フローリング材の加工工程では、当社の様々な刃物が様々な方法で使用されています。フローリングやピーリングなどの壁、床部材、ドアや階段の製作に使用される刃物は多岐にわたり、高い評価を得ています。

このコーナーで展示した製品

ダイヤ フローリングカッター

パーティクルボード・MDF・合成木質材料などのフローリング加工に、長寿命を発揮します。ご要望に応じ設計いたします。

P型貫通錐

毛引刃がないため、送り抵抗の軽い孔あけ加工ができ、孔出口のバリを最小限に 抑えます。

フィニッシングビット

軽切削での仕上用ビットです。逆リードタイプと両押え込みタイプはがあり、それぞれバリの抑制に効果を発揮します。