バーチャル展示会トップへ

日本木工機械展 Mokkiten Japan 2021

ブース紹介

当社は2011年から、持続可能な社会への貢献を目指して「KANEFUSA For Sustainability」を開発テーマに掲げ、「消費電力の低減」、「低騒音切削」、「レアメタルの有効活用」、「歩留り向上等」、SDGsの理念と、その目標達成に向けた具体な取り組みを行っています。 木材産業用切削工具の開発では、環境への配慮と同時に、ユーザーの利点にもなる製品特性を具体的に提示し「SDGs」への取組みを行っています。

木質ムク材料【切断加工】

過酷な製材加工から、縦挽の小割切断まで様々な切断工程において切断面品質重視したムク材の切断専用のチップソーをご紹介します。

このコーナーで展示した製品

チップソー CN

リップソーやギャングソーなどのタテ挽き切断において高精度な切断を長期間行うことができます。

SFソー

特殊面形の刃型により、ムク木材のタテ挽きにおいて、ナイフマークのほとんどない高品質な切肌を実現します。

SFソー”HVタイプ” 

特殊歯室形状によって、切削振動を抑制し、ナイフマークのほとんどない高品質な切断面が得られます。

ツインプロ(Bタイプ:製材用チップソー)

各種ツインソーに適応するチップソーです。過酷な作業条件でも安定した性能で作業が行えます。

ストロボソー

中心方向に向かって設けられたワイパーによって木材の締めつけによる台金の過熱を防止します。