バーチャル展示会トップへ

日本木工機械展 Mokkiten Japan 2021

ブース紹介

当社は2011年から、持続可能な社会への貢献を目指して「KANEFUSA For Sustainability」を開発テーマに掲げ、「消費電力の低減」、「低騒音切削」、「レアメタルの有効活用」、「歩留り向上等」、SDGsの理念と、その目標達成に向けた具体な取り組みを行っています。 木材産業用切削工具の開発では、環境への配慮と同時に、ユーザーの利点にもなる製品特性を具体的に提示し「SDGs」への取組みを行っています。

木質ムク材料【成形・溝突き】

刃先径が常に一定で、寸法精度が確保できる替刃式カッターを中心に、耐摩耗性と切味を重視したU-Pカッター、また、高精度な油圧機構を備えたハイロックカッターなど、木質材料の成形加工の代表的な刃物をご紹介します。

このコーナーで展示した製品

エース 三面仕上げカッター

替刃式のため溝巾がいつも一定に加工できます。左右各2 枚の側刃を装備しましたので、加工材の溝三面が美麗に仕上ります。

エース V溝カッター

パーティクルボードなどの折り曲げによる箱物の製作に最適です。

ハイロックカッター

カッターと油圧グリップ(A0・B0 型)を一体化し、機械軸とカッターのクリアランスをゼロにすることによって、高精度なセンターリングが可能になり高品質で切れ肌の美しい切断面が得られます。

U-P成型面取カッター

ムク材・集成材等の加工において、刃先に施した『U-Pコーティング』により刃先の耐摩耗性能が大幅に向上します。また、シャープな切れ味が持続します。